自己破産には再和解というのがあったりし

自己破産 方法と必要な手続きは何?

借金を返せなくなり自己破産するしかない。しかし、どうしたら良いのか方法がわからない。弁護士など専門家に依頼するにもお金がかかるのでは?そんな心配する必要はありません。

TOP PAGE >自己破産には再和解というのがあったりし

□自己破産には再和解というのがあったりし

自己破産には再和解というのがあったりします。
再和解とは、任意整理をした後に、もう一度交渉して和解をすることを言います。これは出来る時と不可能な時がありますので、可能かどうかは弁護士に相談した後に考えましょう。
債務整理という言葉にあまり聞き覚えのない人も多いのではないかと思われますが、自己破産、任意整理、または過払い金請求など、借金で悩んでいる人が、借金を片付ける方法を全てまとめて債務整理と言います。つまり、自己破産の意味とは借金を整理するやり方の総称と考えることが出来ます。

自己破産をした方法は、ブラックリストに記載され、その記録が消滅するまでの5年間は、クレジットカードの審査にパスすることは難しいと言われています。


ですが、5年の間に作れている人たちもいます。そういう人は、借金を全額返済した場合がほとんどになります。
信用が得られたら、クレカを作成することも可能です。
自己破産の都合の良いことは免責になると借金を返さなくても良くなることです。


どうやって借金を返済するか悩んだり、金策に走り回らなくても大丈夫になります。
特にあまり財産がない人にとっては、借金返済のために手放すことになるものがわずかなので、良いことが多いと思います。

債務整理を弁護士、司法書士に任せるとき、まず気にかけるべきことは着手金及び以降かかって来る経費のことです。
着手金の場合、平均して一社につき二万円くらいと言われます。中には着手金0円を謳う弁護士事務所も見かけますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、注意して頼みましょう。


Copyright (C) 2014 自己破産 方法と必要な手続きは何? All Rights Reserved.
top