債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、最初

自己破産 方法と必要な手続きは何?

借金を返せなくなり自己破産するしかない。しかし、どうしたら良いのか方法がわからない。弁護士など専門家に依頼するにもお金がかかるのでは?そんな心配する必要はありません。

TOP PAGE >債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、最初

□債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、最

債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、最初に考えるのは着手金とその後にかかる費用についてです。
着手金の平均的な金額は一社で約二万円です。中には着手金0円を標榜する法律事務所も見かけますが、これは同時に過払い金還付請求がある人に限るので、依頼する時によく注意しましょう。住宅ローンを申請するとどうなるかということですが、利用することはできません。



債務整理を申請してしまうと、数年間が経過するまでは、信用情報に載せられてしまうのです。利用したいと思った場合でもそれなりの時間をおいてみましょう。

全ての借金がなくなるのが自己破産といった制度です。



借金で辛い毎日を送っておられる方には有難い助けですよね。

ですが、当然メリットだけではありません。



当然、デメリットもあります。車や家など財産は全て手放さなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストに載ってしまう為、新たな借り入れは、行えなくなります。



借金を重ね、金額が膨らんでしまって任意整理をすることになった場合、その後に、新しく借金をしようと思ったり、クレカを作ろうと考えても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査に通らず、数年間はそういったことを行えないといった事になるのです。


借金をすることが癖になった方には、かなり厳しめの生活になるでしょう。
債務整理をしたら、ブラックリストに記載されて、その記録が消滅するまでの5年間は、クレジットカードの審査にパスすることは難しいと言われています。

けれど、5年経っていないのに作れている人たちもいます。そういう人は、借金を完済したという場合が多いです。

信用されたなら、クレジットカードを持つことが出来ます。



Copyright (C) 2014 自己破産 方法と必要な手続きは何? All Rights Reserved.
top