過去に債務整理をした事実に関する記録

自己破産 方法と必要な手続きは何?

借金を返せなくなり自己破産するしかない。しかし、どうしたら良いのか方法がわからない。弁護士など専門家に依頼するにもお金がかかるのでは?そんな心配する必要はありません。

TOP PAGE >過去に債務整理をした事実に関する記録

□過去に債務整理をした事実に関する記録は、一定期間残

過去に債務整理をした事実に関する記録は、一定期間残ります。

この情報が残ったいる期間は、新たに借入をすることが不可能です。情報は何年か経過すればいずれ消されますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残されています。債務整理時には、弁護士と話を詰めなければならないことがおびただしい数あります。



弁護士の選び方は、相談しやすい弁護士を選んだ方がいいでしょう。相談会などに行って話しやすいと感じる弁護士を探すのもよいですし、周りの人から体験談を聞いて目安にするのもいいでしょう。
債務整理を弁護士、司法書士に任せるとき、まず気にかけるべきことは着手金及び以後発生する費用のことです。着手金の相場は一社で約二万円ということです。中には着手金0円を標榜する法律事務所も見かけますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、依頼する時によく注意しましょう。


任意整理というのは、債権者と債務者が話す場を設けることで、金利の引き下げや元金のみの返済ですむように頼むという公共機関である裁判所には関わらずに借金を減らす手段です。

ほとんどのケースでは弁護士、司法書士が債務者と交代して話し合う場をもうけ、月ごとに支払う金額を減らすことで、完済できる道筋がみえます。

債務整理をした場合、結婚をした時に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理なしに、大きな額の借金があるほうが問題です。



債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、我が家を建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅の月賦が組めない事です。

7年以上の間あけると月賦が組めるようになります。



Copyright (C) 2014 自己破産 方法と必要な手続きは何? All Rights Reserved.
top